fc2ブログ

今日は、1日 雨風大荒れの天気。

まさに春の嵐

こういった日を重ねるといよいよですね・・・

地元大和郡山城跡付近も桜満開になる日が待ちどうしい季節です。

そろそろ屋外で金魚でも飼育してみましょうか

そこで備品のご紹介

まずプラフネですね。

軽くて丈夫、設置も簡単、置くだけ!

水を抜いて丸洗いも簡単・・・









奥様の不意の撤去命令にも即対応可能です。

80L、60L、40Lの3サイズがございます。
IMG_2332.jpg

次は、

金魚の健康管理に大きく影響する飼料系免疫アップ新商品
浮上性 沈下性 の2タイプ
普段与えているフードの他にもう1つ!!
お話をうかがうに、錦鯉や金魚の品評会1カ月前に
与えることで、色つやも格段に上がるとも。

次は、
RIMG0200.jpg
小型水槽向き商品ですが、
金魚・日本淡水魚専用ソイル
こちらは、従来ソイルと違い飼育水が濁りにくいものとなってます。
ソイル(土)なので粒石と違い素材として柔らかくお魚の体に優しい。
ソイル自体の吸着効果と、バクテリア含有効果で水はすきとおり
早い水つくりが可能となります。


最後に
RIMG0199.jpg
水つくりキットです。
バクテリアとかアンモニア・亜硝酸とか金魚飼育の方にご説明させて頂くことが
店頭でも多々あるのですが、
汲み置き水だけでいいんだ、
てお方が・・・
特にご年配の方に多いですね。

確かに、汲み置きだけの水で飼育も可能です。

ただし!

飼育者の水を作る腕と勘がしっかりしてれば何ら問題ございません。

ただご入門の方は、

いきなり完璧な水質管理は難しいと思われます。

まずは少しでも早く安定した水質を作ることが大切です。

水の立上げ時、

アンモニア・亜硝酸といった有害物質問題に先ず突き当たります。

特にアンモニアはすべての生物に有害でお魚を☆においやります。

運よく危険なこの時期を無事にやり過ごせば良いですが

間違いなくこの問題は発生しているのです。

そういった有害物質を餌にして無害にしてくれる濾過バクテリアを是非利用してみて下さい。

水替えを少なくし、

またバランスが取れれば無替水水槽(実際には困難/硝酸塩問題等)も可能な

循環ろ過サイクルを作ることになります。

説明はまだまだ続きますので、ご興味のある方は店頭で。

写真は、
アンモニアの猛毒性を即シャットアウトする アンモロック 
アンモニア・亜硝酸を分解する微生物バクテリア 

この2本を是非お手元において

楽な水管理を実現しましょう。
スポンサーサイト



2012.03.24 Sat l 新入荷 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aquatrendy.blog.fc2.com/tb.php/110-ad7a885b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)