fc2ブログ
人が誕生するはるか昔に存在して、今もなお生き続ける「生きた化石(古代魚)」

その仲間で本日紹介させていただくのは
<ガーパイクの仲間>

スポッテド・ガーパイク
IMG_3046.jpg
体側にはいる斑点模様がその名の由来です。

ガーパイクの仲間は、
白亜紀前期の約1億1000万年前に初めて現れたと推測されます。
北米東部・中米、キューバに分布し、
ロングノーズガー、コスタリカのトロピカルガー等と
その種類は全部で数種類にのぼります。

中にはアリゲーターガー、キューバンガーなど最大全長が1mを超えるものもあり
一般的なアクアリウムタンクサイズでの飼育であれば、このビッグサイズを考慮した飼育計画が必要です。

今回ご紹介は、スポッテドガーパイクといってテキサス州~フロリダ西に生息分布するものです。
IMG_3062.jpg

天然界での最大長は60cm前後ですが、私が以前飼育していた個体などは、全長45cm程度で
成長が止まりました。
幅120cm 奥行60cm程度の水槽であれば現実問題として管理できるサイズであるので、
先述にある超大型種類のガーと違い飼いきってあげるこも可能です。
IMG_3065.jpg


アリゲーターガーのほかにも全長が1mを超える熱帯魚は他にもございます。
水族館などで設置されるような水槽サイズでないと飼育できない種類は
当店では販売いたしません。
販売サイドもユーザーに説明が必要ですし、
そのほか大型魚の飼育に際して十分に計画をもってすすめるべきです。

はるか遠く海外からやってきたのに、可哀想な結果にだけはしたくありません。
連休最終日、素敵にお過ごしください~^^



スポンサーサイト



2014.11.24 Mon l 生体 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aquatrendy.blog.fc2.com/tb.php/533-85e01c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)